こんにちは

栗原京介です。



2018年、1月

一時は、200万円台にまで伸びていた

ビットコインの価値が、一気に70万円まで暴落し、

3月現在には、ようやく100万円台にまで上昇したのですが、

まだまだ不安定さが残っている感は否めないようです。


そんなビットコインですが、

2017年暮れあたりから、Googleでの検索件数が、

かなり下降しているということが発表されました。



このGoogleの結果というのは、

人々の関心度を知るための、大きな指針となっていますので、

仮想通貨を保有する方にとっては、興味深い結果報告だと思います。


ビットコインの関心度が薄れていくということは、

その価値にも、もちろん大きく影響することは当然でしょう。



ですが、逆に、

ビットコイン以外のアルトコインの検索が増えているのも事実なんですね。



これは、人々の注目が注がれ、

大いに期待を寄せられているということの確たる証拠と捉えていいと思います。


また現在も、こうしているうちにもどんどんと、

新コインが開発され、世に出ようとしている状況です。


大切なことは、

ビットコインに限らず、仮想通貨というものには、

将来的に、すごく価値があるということ。




人々の生活にとって、非常に利便性があり、

将来、なくてはならない取引方法になり得る可能性を

十二分に秘めているということなんですね。



Googleで、検索数が急激に減ったとはいえ、

ビットコインはまだまだその「格」も「人気」も、

他のアルトコインを寄せ付けないほどのパワーを持ち合わせています。


まだ仮想通貨をよくわかっていないという方も、

今からでも仮想通貨に関する、知識を深めようとする気持ちさえあれば、

ビジネスにおいても確実に優位に立つことができるでしょう。


また、あなたがこの先、生活していく中でも、

常に仮想通貨が当たり前の日常になるでしょうし、

今から知識を蓄えることは非常に大切なことです。



こうしたことから、


仮想通貨について、

「いろいろ知りたいな」、

「わかりやすく教えてほしいな」
という方は、

ぜひ栗原京介の無料LINE@講座へご登録ください。


あ、ネットビジネスそのものに興味があるって方も、

もちろん大歓迎です!


新鮮な取り立ての情報や、まだ表に出ていない裏情報など、

多岐にわたる、あらゆる情報を、惜しまず配信しています。


もし、よろしければ、

下記「お友だち追加」ボタンより、登録してみてください。

↓ ↓ ↓

友だち追加




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


では、今回ご紹介するビジネス案件に移らせていただきます。



今回も、

今もっとも熱い市場である、仮想通貨に関する無料オファーが、

公開されていましたので、早速、取り上げてみたいと思います。



堀口祐介氏 「ALL MILLIONAIRE JAPANプロジェクト」





◎ 特定商取引法に基づく表記 ◎

運営元 Enrgizy 株式会社
メールアドレス info@amjapan.net


堀口祐介氏 「ALL MILLIONAIRE JAPANプロジェクト」とは



暗号通貨市場の “金の鉱脈”に寄生せよ


セールスレター冒頭でのキャッチコピーでは、

いきなりインパクトのあるキーワードで表現されています。



あくまで、イメージでの問題なんですが、

「寄生」と言われると、

あんまり気持ちのいいイメージとしては捉えにくいですね^^;







堀口祐介氏が提唱する「ALL MILLIONAIRE JAPANプロジェクト」。

ビジネスモデルは仮想通貨となります。



ちなみに、現時点では、具体的な内容は伏せられていますので、

どうやって稼ぐのかという詳しいことはわかりません。



ただ、動画の中で堀口祐介氏は、

・仮想通貨の口座を作る

・ボタンを押すだけ



たったこれだけで、

自動的にお金を稼ぐことが出来る



と、言っていますので、

なんらかの自動システムツールを使った内容であることは

間違いないでしょう。






彼は2014年から2018年の4年間で、

FXトレードにおいて、

ある自動システムツールを使って14億円を稼いだという実績があるといい、


今回は、そのノウハウをそっくり仮想通貨にあてはめ、

今までに類を見ない斬新な方法で、

「億」を稼ぐことができるシステムを構築したそうです。







提唱者・堀口祐介氏とについて




今回、そんな斬新な方法を紹介してくれるのは、

堀口祐介氏という方。




私も含めて、

おそらく初めて聞く名前だろうと思います。



先述したように、彼はFXの投資で、

あるシステムを使用した結果、

たった4年間で、14億円以上もの資産を築き上げたそうです。



動画では、PC画面に表示された実績を披露しているのですが、

この画面だけで、

「ホントだ すげーなー」

万人を納得させることは、まず無理でしょう。





なぜなら、この程度の実績画面なんて、

私にだって、簡単にねつ造できるくらいのレベルなんですよね。


ですから、

この画面だけで14億円稼いでるかどうかなんて、

もはや、証拠として立証できるものでもありませんし、


これだけで実績を判断しろというほうがそもそも非常識です。





ちなみに、

そんな堀口祐介氏という人物を調べようと、

いろんなキーワードでネット検索してみたのですが、

情報は皆無であり、人物像を知ることすらできない状態です。



また、「ALL MILLIONAIRE JAPANプロジェクト」を手がける、

Enrgizy株式会社という販売会社についても同様であり、

一切の詳しい情報が閉ざされた状況となっています。



これでは、仮に参加したいと思っても、

安心して参加できる環境ではないと判断せざるを得ないでしょう。


特商法の記載をみても、

メールアドレスしか登録されていないので、

もしもトラブルが起こった場合、急ぎで連絡をとりたくても、

メールでしか連絡手段がないというのも、大きな問題点といえます。



いかがでしょうか。

なんだか「怪しい」匂いがプンプンと立ち込めてきましたね。





「ALL MILLIONAIRE JAPANプロジェクト」への参加について




この「ALL MILLIONAIRE JAPANプロジェクト」では、

基本的には「投資ビジネス」となるので、

最低でも10万円の運営資金が必要となるそうです。



ま、

投資となれば、子どもの遊びではないのですから、

10万円くらいの原資が必要なのは当然です。



ですが、キャッチコピーに記載されている、「億」というお金を、

最短で手に入れるとなると、たった10万円の資金では、

あまりにも時間が掛かりすぎてしまいますよね。



そこで、堀口氏は、

5万円の資金さえあれば、それを200万円に増やすことができるので、

安心して参加してくださいとアピールしています。





「堀口氏が、5万円を200万円にしてくれる」

「5万円さえ払えば、何もせずに200万円に増やしてくれる」



なんの疑いもなく、純真無垢な気持ちであれば、

「それ最高じゃないですか!」と思えるでしょう。


ですが、逆に疑いの気持ちを持って考えてみると、

「いやいやいや、そんなこと、あり得ないでしょ」となりますよね。



どうやって5万円を200万円に増やすのか、わかりませんが、

そこまでしてもらえるためには、

絶対に、何か条件があると考えたほうがいいでしょう。



5万円を払ったら、お返しに現金で200万円を

「ハイ、どうぞ」という展開には絶対にならないでしょうし、

常識の範疇で考えたら、まずあり得ない話ですからね。



例えば、日本円で200万円もらえるのではなく、

「ALL MILLIONAIRE JAPANプロジェクト」内でしか使えない、

200万円と同じ価値を持つ

「200万ミリオネアポイント」とかそんなもので、

支払われるシステムなんでしょう。

(この場合、支払いの5万円はもちろん日本円です^^;)



まぁ、どんな形になるにせよ、

日本円で200万円が支払われることはないですから、ご注意ください。



こういった言葉のトリックは、

まとまった資金がない方を、安心させて参加させようとする

苦肉の策となっているわけですから、

この手の誘導に引っかからないよう気を付けてください。





「ALL MILLIONAIRE JAPANプロジェクト」では、

「パラサイト」というシステムツールで

仮想通貨市場に寄生し、利益を吸い上げるという、


なんとも不可解な内容なんですが、

これで億というお金が永遠に受け取れるとは想像ができませんし、

到底、あり得ないことだと当ブログでは判断させていただきます。



最終的にこの無料オファーは高額塾へと変貌し、

参加費は、かなりの高額金が設定されることでしょう。


高額塾でも確実に稼げる内容なら問題ないんですが、

この「ALL MILLIONAIRE JAPANプロジェクト」には、

独特な胡散臭さを感じるところがありますので、

警戒心だけは緩めることないよう、気をつけてください。



こちらの案件、

今後も、新しい動きがあれば当ブログでも、

追記していきますので、またお知らせいたします。



では今回はこのあたりで。

ここまでお読みいただきありがとうございました。




























スポンサーリンク