こんにちは


栗原 京介です。



まずは、先日再販された「グロウス」に、関して

お知らせと、お礼を伝えさせてください。


再販されるやいなや、想像していた以上の殺到ぶりで、

今もなお、バタバタ状態でご対応させていただいています。


並々ならぬほどの反響で、

改めて、「グロウス」人気の凄さをひしひしと感じることができました。

ホントにありがとうございます。


引き続き、「グロウス」は販売していますので、

どうそ興味のある方はぜひ、下記リンク先に移動して、

レビュー記事をお読みください。


⇒ 「グロウス ~ その強烈なパワーをつかったお金の増やし方」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



では、本題に移りまして、

今回検証いたします、無料オファーをご紹介いたします。



増井たかし氏 「クリプトランドプロジェクト」





http://cryptland.net/video/1st/




増井たかし氏 「クリプトランドプロジェクト」とは




今までの仮想通貨商材でうまくいかなかった方でも、

「120%」勝利することができる、集客も販売もいらない

増井たかし5年間の集大成!




冒頭のキャッチコピーからもわかりますように、

この無料オファーのビジネスモデルは

仮想通貨となっています。



仮想通貨で稼ぐビジネスといえば、

● 保有

● トレード

● アービトラージ

● マイニング

● ICO



というのが、もっともポピュラーな稼ぎ方です。



ちなみに、今回の「クリプトランドプロジェクト」では、

仮想通貨の「マイニング」で稼いでいこうというものになります。






マイニング??




ビットコインをはじめとする仮想通貨に

興味がある方は聞いたことがあるかもしれませんね。


まずは、このマイニングとはいったいどんなものなのか、

ということに触れていきたいと思います。




仮想通貨のマイニングって




よく、仮想通貨、

とりわけビットコインの話題には、

付随される機会が多い

この「マイニング」という言葉。



翻訳すると「採掘」ということになります。



つまり、仮想通貨というものは、

「掘り当てる」という作業を経て、

通貨を手にいれることができるのです。


掘り当てるといっても、

鉱山の岩場をカンカンとツルハシで砕いていく作業ではなく、

その行為にとても似ている、ということから、

「採掘」 ⇒ 「マイニング」と呼ばれているんですね。






世界中で、毎日取引されるビットコインは、

民間の手によって取引記録を台帳に記入していくことで

どの国の誰であろうが、その記録を閲覧できるシステムになっています。


そんな取引のひとつひとつを整理して、

ブロックチェーンと呼ばれる見えない鎖で、つなぎあわすことができれば、

「ビットコインの取引が認知される」という仕組みになっているわけです。



取引台帳データの整理作業は、その膨大な計算式を解くことにあり、

その超難解な計算式を一番先に解いた人に対して、

新たなビットコインが褒美としてもらえるんですね。



これが「マイニングで稼ぐ」ということです。



「クリプトランドプロジェクト」に対する違和感について




さて、

無料オファー動画を観させていただきました。


なんだか、NHKのドキュメンタリーを彷彿とさせる演出を狙ってますね。



で、この無料オファーの提唱者である増井たかし氏は、

「プライベートマイニングクラブ」というコミュニティを主宰し、

誰でも自宅でできる仮想通貨マイニングの方法を教えているそうです。



今回リリースされる「クリプトランドプロジェクト」は、

そんな背景のもと、マイニングで稼ぐということなんですが、

そこには、いくつか疑問点、違和感を感じる点がありました。



まず、

マイニングは稼ぐことができるのかということに関してですが、

「たしかに稼ぐことはできると思います」


増井たかし氏はセールスレターで再現性100%と表現していますが、

「たしかに稼ぐことは出来ると思います」




が、増井たかし氏が説明するように、

「初月から5万円を簡単に獲得」するためには、

どれだけのマイニング作業が必要だと思いますか?



半年後には100万円、1年後には500万円を稼ぐためには

一体どれくらいの規模のマイニングが必要になるのでしょうか。






実際に、家庭用のPCを24時間稼動しっぱなしにして

マイニングを実践した場合、月あたりの稼ぎは500円程度しかなく、

逆に、電気代が1万円以上掛かったという悲惨な報告があるほどです。






そもそも、日本は電気代が高いので、

マイニングには不向きなんですよね。





マイニングで大きく稼ぎたいのならば、

電気代や土地代が安く、ある程度寒いところでないと、

コストが掛かりすぎて、稼ぐことは難しいでしょう。




また、仮想通貨そのものが、世界的に注目される以前であれば、

家庭用ノートパソコンでもマイニングができてたのですが、

もはや、家庭用PCでは、世界のマイナー(採掘者)のハイパーPCに

勝てる見込みは到底、不可能とされています。



今となれば、家庭用PCのCPUの性能では足元にも及べず、

今から家庭用PCでマイニングを始めようという方は、まさにイバラの道となるでしょう。



ちなみに、

世界の企業レベルでのマイニング作業は、こんなイメージです。

この環境下で、一日の電気代が450万円!とのこと。






また、

人里離れた田舎町の民家でもマイニング作業は可能とされていますが、

そもそも古民家に設置された当時の電線の規格では、

PCを10台ほど24時間フル稼働させて、

常にエアコンもつけっ放しというものに耐えれるほど

現代の規格に見合った、太い電線を使っていないことが考えられます。



それを知らずに、それだけ膨大な電気を流し続けると

電線自体がオーバーヒートしてしまい、火災の原因にも繋がりますから、

田舎の民家だからと、安易に実践することは避けたほうがいいでしょう。






「プライベートマイニングクラブ」はおススメできない




マイニングは、

たしかに稼ぐことはできますが、

その金額は想像以上に少ないものである可能性は否めないでしょうね。


それに掛かるコストが大きすぎるというのが理由のひとつですし、

今から家庭でできる程度のマイニングで、20万円も30万円も稼げるとは思えません。


セールスレターや動画をみても、


「楽に」

「放っておいても」

「100%稼げる」



などと、視聴者の方々の煽り方が強すぎますので、

ついつい「放ったらかしで100万円ならいいかも」と、

錯覚してしまいがちになりそうですが、


それこそ販売者の「思うツボ」にはまることを意味します。











冷静になれば、ヒトは思い留まることができますが、

つい冷静さを欠いてしまうと、戻れないところまで突っ走ってしまうことになりますので、

どうぞペースを落とされることを願います。




以上のように、マイニングで、大きく稼ごうとすれば、

かなりの設備投資を考える必要も考えられますので、

おススメすることはできないというのが結論となります。



今回の「プライベートマイニングクラブ」レビューはここまでとしますが、

また新たに動きがあれば、当ブログが運営する「LINE@」にて

配信させていただきますので、よろしければこの機会に

下記「友だち追加」ボタンから、友だち申請をよろしくお願いします。


友だち追加



では、今回はこのあたりで。

ここまでお読みいただきありがとうございました。




















スポンサーリンク