こんにちは

栗原 京介です。



さて、本題へ入る前に、

当ブログ炎の一押し商材である「グロウス」について少々。


この「グロウス」、来る11月30日に、

まさかの人気絶頂のこのタイミングで販売終了という

衝撃の連絡を受けて早や1ヶ月。




それは、まるで1年後に引退表明を発表した

某人気女性アーティストに対するような一抹の寂しさ・・・。








で、「グロウス」販売終了まで、残り2週間を切ったわけですが、

おかげさまで、当ブログより「グロウス」ご購入の方へ配布中の、

「栗原式グロウス実践Ver2.0.0」も、限定本数50本のうち、

すでに現在で残り20本となりました。




おそらく販売終了日の前には、

怒涛の如く、購入される方が多数おられることが予想されます。




「販売終了」という言葉が、人の心を揺れ動かすのは、

リアル販売でも、ネット販売でも同じことが言えるんですよね。




ただ、特典「栗原式グロウス実践Ver2.0.0」は

そのタイミングには、すでに限定数に達していると思われます。


どうぞ、「グロウス」ご購入の際は、時間的余裕をみていただき、

このタイミングを逃すことなきよう、よろしくお願いいたします。



繰り返します。

栗原特典の残り本数は刻々と減少しています。


どうぞご購入をお考えの方は、ぜひとも早めのタイミングで

よろしくお願いいたします。



⇒「グロウス」セールスレターはこちらからどうぞ



以上、
「グロウス」近況報告でした。



では、今回の本題に移らせていただきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





申請するだけで毎日20万円もらえる

ハローライフ給付金 選考募集開始。

・毎月現金20万円が受け取れます!

・保証は一生涯続きます!

・給付金なので完全無料!



などと、謳うビジネス案件がメール配信されてきましたので、

今回は、こちらを検証していきたいと思います。




永井忠勝氏 「ハローライフプロジェクト」




http://hellolife-project.com/lp/main/


◎ 特定商取引法に基づく表示 ◎

販売会社 シーケンス合同会社
販売責任者 永井忠勝
メールアドレス hellolife.staff.01@hellolife2017.com
所在地 大阪府大阪市住吉区長居東3丁目14-22 長居東コーポ709


申請するだけで給付金が20万円配布される!?




さて、こちらのセールスレターですが、


一見すると、国や地方自治体が運営しているような、

そんなイメージを彷彿とさせる出来栄えになっています。


ご年配の方や、初心者さんは一瞬、そういったものと勘違いして

参加される恐れがありますのでここは注意してください。



とはいえ、一般的に「給付金」と聞くと、

お年寄りの方への給付金とか、出産や育児に関する給付金、

はたまた職業に関する給付金など

そういったものを安易に想像してしまいがちなのは当然といえば当然です。


もちろん私もそんな一人ですし、

そのほか多くの方々もそういったものを

まず思い浮かべることでしょう。





今回、この案件を提唱される、永井忠勝氏という方、

東南アジアを中心に、年間300本もの

セミナーの講師を務める、投資コンサルタントだそうです。


この案件では、なんと永井氏が個人的に

「ハローライフ給付金」として、

毎月20万円をひとりひとりに支給すると語っています。








動画はこちら
↓ ↓ ↓







今回の給付金の配布という、そもそもの理由というのは、

「自分と同じ苦しい人を助けるべくプロジェクトを立ち上げた」

と、彼自身が語っていますから、

一見、日々の生活に困っている弱者の味方になってくれるような

そんな心強い印象を受けがちです。



しかし、裏を返せば、

彼がこの案件を無料オファーとして公開している以上、

転地がひっくり返ろうが、なにをしようが、

永井氏が儲かるようなカラクリになっているのは確かです。



よって、彼が決して慈善的感情でこのプロジェクトを

立ち上げたわけではないということ。


まずはそういった背景をしっかりと理解しなければなりません。



ですから、くれぐれも安易な気持ちで

「毎月20万円をくれるのなら早速申請しよう!」と浮かれず騒がず、

まずはしっかりと地に足をつけることの意識が大切です。





給付はありえない 稼ぐのは自分自身





最近のビジネス案件でよくあるんですよね。


「お金を分配します」といううたい文句が。






もちろんこの手のビジネス案件は、

お金の分配なんてされることはありません。


彼ら仕掛け人のノウハウをお金を払って購入させ、

もしくは、有料コミュニティに参加させ、

「お金を(稼げるノウハウを)分配します!」

というような、屁のような理屈が展開されているのが現状です。


実際に購入して、フタを開けてみると、

そこにはまったく再現性がなく、

ビジネス内容とかけ離れたものも多く、

高額で購入したのにも関わらず内容もペラペラで

思ったように稼げないというものが多いのです。



ちなみに過去、「分配系」ノウハウを謳った案件は

こういったものがありますので、

もし時間があれば確認してみてください ↓

クリス岡崎 「サムライロイヤルコミュニティ」

芹那「幸せの分配プロジェクト」

渡辺政典×蝶乃舞 「Dreamersプロジェクト」



これらのほかにも「お金の分配」を

謳った案件はまだまだ存在し、

そのどれもが、実に怪しい内容となっているのです。







今回の永井忠勝氏が提唱する

「ハローライフプロジェクト」もそうですが、

「お金を給付」「お金を分配」「お金を配布」と聞くと、

どうしても無料でお金をもらえると誤解してしまいます。



たしかにセールスレターでは

「無条件でお金を分配する」とか

「申請するだけでお金をもらうことが出来る」

といった表現で語られていますから、

初心者さんたちが、あながち信じてしまうのは

仕方ないことだと思います。


ですが、冷静になって考えれば、無条件でお金をくれるなんて

おかしな話ですよ。

困っている人にお金を配布したいのなら、

そのまま配ってくれれば済む話ですからね。



「ハローライフプロジェクト」は、仮想投資で稼ぐビジネスノウハウ!?




先述したように、

こういった案件では最終的に高額なバックエンド商品を販売され、

そのツールやノウハウを使って自分自身が稼いでいく内容がほとんどです。





「苦しんでいる人を一人でも多く助けたい」



普通に聞くと、かなり男前なセリフですが、

なんとなく怪しい雰囲気をかもし出してませんか。


苦しんでる人を助けたいと本気で考えているのなら、

無料オファーとして彼が登場するのは、

あまりにもやり方がおかしいですよね。



彼が何十兆円もの資産を持つ、超大富豪ならまだしも、

そもそも、自称「投資コンサルタント」が、

赤の他人へ無償でお金をくれるわけがありません。


ですが、まだビジネスモデルも明らかにはされておらず、

動画も第1話しか公開されていませんので、

現在において、不明な点が多いのもたしかです。



ですが、不明な点とともに疑問点が多いのも事実です。












現在、ここまででわかることといえば、

「投資のプロ」をアピールしているということ

「仮想通貨」に精通しているということ



また、動画、第2話の予告での、

「私の投資の経験・知識をフル活用してほしい」


と、語る永井氏が映し出されているところから

仮想通貨を使ったビジネスノウハウである考察が高いと考えられます。



こちらのビジネス、今後動画も、2話、3話と続いていくと思いますので、

また内容が詳しくわかればご報告いたします。


では今回はこのあたりで。




































スポンサーリンク