こんにちは

栗原 京介です。



本編に入る前に「グロウス」に関して報告があります。


まず、11月から公開させていただいている


「栗原式グロウス実践Ver.2.0.0」
という

総ページ数148Pからなる、スーパー特典なんですが、

今後のサポート状態の質の低下を回避するためもあり、

私がなんとかサポートできる人数を割り出しました結果、

50名様の先着順にて配布させていただいています。



で、残り本数ですが、

現在、23本となっております。


もし、ご購入をお考えであれば、

可能な限り、お早めにご決断ください。


とはいえ、

「給料日までまだまだだし、お金がないんだよなぁ・・・」

といわれる方には、


「特典」取り置きのご申請も今ならお受けできますので

どうぞご遠慮なくお申し付けください。



残り本数が少なくなると、それも難しくなりますが

今ならお受けさせていただきますのでご遠慮なくお申し付けください。



⇒「栗原グロウス実践Ver2.0.0」のグロウスを確認する





では、以上で本編のほうへ移らせていただきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



突然ですが、


毎月10日は「バイナリーオプションの日」ってご存知ですか。




投資に関心を持ってもらうことを目的に、

株式会社FXトレード・フィナンシャルが制定されたようです。



ちなみに、バイナリーは英語で「二つの」という意味であることから

二進数の「1」と「0」にちなみ毎月10日としたそうです。


またバイナリーオプションとは、外国通貨取引の一種で、

1分後の為替が上がるか下がるかを予想する投資のひとつです。


「上か下か」


ゲームのハイ&ローと考えれば、理解しやすいのではないでしょうか。


今回紹介させていただく案件は、

そんなバイナリーオプションで稼ぐビジネスになります。


それがこちら。


山下博也氏 「AIトレーダー」




http://ai-trader.jp/ait/OujjvTil1/


◎ 特定商取引法に基づく表記 ◎

管理会社 合同会社JMI
管理者 山下博也
所在地 〒770-8008 徳島県徳島市西新浜町2丁目1-45
電話番号 05052165233
メールアドレス service@ai-trader.jp



「AIトレーダー」はバイナリーオプションで稼ぐノウハウ




人工知能 “AI”が完全自動で勝手に現金を生み出し続け
2年間で総額3億円を稼ぎ出した最先端ビジネスモデル
AI TRADER
その全貌を余すことなくお伝えするプロジェクト



とセールスレター冒頭を飾るこのビジネス。

バイナリーオプション投資で稼ぐ内容になっています。


先ほど申しましたように、

バイナリーオプションというものは、

今の為替の価値が1分後に上がるか下がるかを当てることで稼ぐという、

ある意味ゲーム感覚で実践できる投資ビジネスです。


予想が当たれば報酬が入り、

外してしまうと全額没収という結果になります。


当然そのルールそのものの簡単明解さ故、

初心者さんからの人気が高いのもうなずけますが、

非常にギャンブル性が強い面があり、

それが元で借金を作ってしまったり、

大切な資金をすべて溶かしてしまうという

実践背景もありますから、

安易に気持ちで、簡単に儲かりそうだからとか、

ゲームみたいに楽しそうだからといった理由ではなく

冷静にビジネスとして捉えることが大切であります。


今回はそんなバイナリーオプションに

独自のノウハウを取り入れたという

「AI TRADER (AIトレーダー)」というものを

山下博也氏が伝授してくれます。



そもそもバイナリーオプションのトレード法には、

・裁量トレード

・システムトレード


といった2つの実践方法があります。


裁量トレードとは、

つまり、自分の知識やスキルを活かして、

自らの力で投資するトレード法となります。


一方、システムトレードとは、

これも簡単にいいますと、ツールやシステムを使い、

その指示のもとトレードする手法になります。



当然、システムトレードのほうが、敷居も低く、

初心者さんが実践するには、こちらがオススメとなりますが、

一方で、そんなシステムに頼り過ぎた結果、

後々、そのロジックが当てはまらなくなり

稼げないツールになるというのもこの業界ではよくある話なんです。

もし、投資ビジネスを実践するのであれば、

自分自身の投資スキルの向上というものを目指していただき、

安定して稼ぐというものが王道と手法となりますから

当方としましては、システムトレードは、

正直なところおススメできるものではありません。


と、いうのも、永くシステムトレードに頼ってしまうと、

システムでも感知できない危険に直面したとき、

自分がどう動くべきか、どう回避すべきか、

考えられない状態に陥ってしまう恐れが考えられます。


投資という世界はもともと予測がつかないものですから、

実践する以上は、そこまで考えてやるべきだと思うわけです。







今回、山下博也氏が公開する「AIトレーダー」は


「ゴッドサイン」と「ビクトリーシグナル」


というツールを使ったシステムトレードになります。








この「AIトレーダー」を使って

バイナリーオプションを実践すれば、

確実に誰でも稼げると断言しています。






では、そこまで豪語できる「AIトレーダー」とは、

一体どれほど精巧なシステムとして公開されたノウハウなのでしょうか。


次の項では、「安定」、「継続」、「再現性」に富んだ

「AIトレーダー」というシステムについて、もう少し詳しく触れてみたいと思います。




 「AIトレーダー」とはどんなシステムなのか




最近の家電製品には、人工知能を搭載されたものも多いですし、

iPhoneでも「Siri」という人工知能が入っているのは既にご存知かと思います。


このように、人工知能は、今や人間の生活シーンにすっかり浸透し、

人工知能なくしては成立できないほどにまで成長を遂げてきたわけです。



山下博也氏はそんな人工知能を使い、バイナリーオプションの情報を

巧みに処理をすることができる驚異のシステム「AIトレーダー」を開発、

その成功により今回のリリースとなったようです。






・開発期間 2年5ヶ月

・開発費 2300万円

・開発スタッフ 150名以上





山下氏は、このAI開発に実に2年半という時間をかけ、

資産2300万円を投入、150名ものスタッフを使って

この「AIトレーダー」を開発したといいます。








とはいっても、確かに一見「人工知能」って、すごいもののように聞こえますが、

実は、人工知能開発において、2300万円という開発費は

実は驚くほどの金額ではないんですね。


大企業もこぞって人工知能の開発には、

何十億、何百億円という研究開発費をかけ、

日々研究を重ねています。



つまり大企業が考える、人工知能に対する期待には

それくらい莫大な金額をかけるほど価値があるわけです。






ちなみにセールスレターにはこのような表記があり、

堂々と、「平均勝率91%」と表記されているのですが、

バイナリーオプションにおいて91%という数字は

ほぼパーフェクトに近いわけです。



これがもし真実であれば、物凄い高確率なんですよね。



つまり、山下氏がこれほど高い的中率の

人工知能を作り上げたというのならば

これは相当すごいこととなります。



ですが、それを

たった2300万円で、

たった2年半で、


勝率90%を超える驚異の人工知能の開発に成功した

と、言われても、にわかには信じられないのが正直なところです。


せめて、これだけすごいものを開発した人なら、

「なるほど」と納得できる説明くらいできて

いいのではないでしょうか。



「人工知能だから誰でも稼ぐことができるんです!」

開発責任者からこんな説明しかないのが、そもそも問題です。


やはり、ビジネスが絡んでるわけですから、良識ある大人として

もっと適切な商品説明をしてもらわないことには、

小学生みたいな説明だけで、まかり通れるわけがないんですよ。







おまけに、最近はAIを使ったバイナリーオプションが流行してるのか、

つい先日も同じような案件をレビューしたのですが、

これも、情けないことに「AIだから確実に稼げる」といった根拠のない売り文句だったんですね。


下記リンクでは、そんな「織田慶氏 AFC」というビジネス案件について

書かせていただきましたのでよろしければ参考程度にお読みください。

↓ ↓
織田慶氏 AFC(アセットフォーメーションコミュニティ)レビュー




人工知能ってそんなに凄いものなのか




「人工知能」っていう言葉には、


「人間より賢い」「絶対に負けない」「感情に左右されない」


といったイメージがすでに一人歩きしていますから

現代人にとって、AI(人工知能)という言葉が持つ効果というのは、非常に大きいんですよね。


だから AIだから稼げるといわれると、

ついつい、「そうなんだAIだから安心なんだ」という間違った解釈で終わってしまうわけです。


人工知能なら人間より賢いから絶対安心できる!って

色眼鏡で見てしまう傾向があるんですね。



だからこそ、しっかりとしたわかりやすい理論、

つまり、人工知能がどのように作用してどういったロジックのもと、

それだけの勝率を確定することができるのかといった事細かな説明が

必要なんです。


フタを開ければ、人工知能が搭載されていない

ことだってあり得るわけですからね。

人工知能だと信じ込んでたら、実はただのツールでしたとか。


先ほどご紹介した、「織田慶氏のAFC」もそうだったように

最近では、石を投げれば人工知能に当ると言われるくらい

この類のビジネス案件は多いですからね。


人工知能だから、絶対に大丈夫っていう

変な都市伝説的な考えは、今すぐ払拭していただかないと、

まさにそれこそが危険そのものとなり得ます。




 「AIトレーダー」納得できない点について




今回2300万円もの資産を投じて、

バイナリーオプションAIを開発されたそうですが、

どう考えてもそれほどの精巧なものとは考えられません。



チェスや将棋など対戦型ボードゲームで、

AIが人間を圧倒するニュースは

有名なエピソードとなっていますが、

山下氏が開発したバイナリーオプションのAIの

勝率の高さなんて、これに匹敵するくらい

すごい結果を出しているのに関わらず、

一切ニュースにもなっていないのは

一体どういうわけなんでしょうか。





仮に、平均勝率が90%を超える人工知能を山下博也氏が開発したなら

これがすごいニュースになっていないこと自体、おかしいわけですよ。


AIが人間に勝つとか負けるとかという

ツールというものは、正直なところ、

これは物凄いことなんですね。



それこそ山下氏がいうようなツールがあれば

世界の金融業界なんてひっくり返すことさえも可能になるんです。


にも関わらず、山下氏は万能である人工知能の

開発に成功したと謳っているわけですから、

これは明らかに彼の誇大表現とも取れるわけです。


それこそ今回の人工知能が本物であるならば、

山下氏は人類を救えるくらいの救世主にもなれると思いますね。


すなわち、それくらい偉業に成功したといってるのと同じなんです。


本来であれば、

こんなところで「情報商材」売ってる場合じゃないレベルの人なんですよ。

世界的AI開発研究の権威くらいの地位のひとです。




「私が徹底的に指導します」なんていってますけど、


人工知能の研究開発の研究員たちを、

徹底的に指導するべきじゃないですかね?



また、AI開発費が、破格の2300万円ってことなんですが、

これって月給50万円くらいの方が毎月35万円払えば

5年くらいでpayできるくらい、とくになんてことはない金額ですからね。


要するに、AIを開発したとはいえ、

いくらなんでも2300万円は安すぎるってことです。





一方、「AIトレーダー」のセールスレターに、

実践者の画像入りのコメントが記載されているのですが、

この実践者の方々、過去に 久積篤史氏の「バイナリーオプショントレード」の

セールスレターにも登場していた方々なんですよね。


久積篤史氏 「バイナリーオプショントレード」










つまり、これらの実践者は、

山下博也氏の「AIトレーダー」の実践者というより、

過去に、久積篤史氏の「バイナリーオプショントレード」の実践者として

紹介されていた方々なんですね。



だからといって、「AIトレーダー」のセールスレター内容を、

ウソ偽りの表現だとは非難しませんが、

これが明るみに出た以上は「腑に落ちない部分」があることには変わりなく、

疑いがある商材として判断させていただきます。



初心者さんの方々は、セールスレターに記載された「実践者の声」を参考にされ、

彼らの感想や実績によってビジネス参加を決定されている方も大勢居られます。


このような疑いのあるやり方で、初心者さんを欺く表現がある以上、

当方としては、おススメできないビジネス案件として評価せざるを得ません。



「AIトレーダー」という”投資”というビジネス内容で見た時、

冒頭でもお話させていただいた「グロウス」も同じ”投資”であるわけです。




ですが、「AIトレーダー」のリスクと比べた場合、

「グロウス」は圧倒的にリスクが少ない

投資ノウハウなんですね。


と、いいますのも、「グロウス」って基本的に預金感覚で

資産を預けることにより利子がつくといった投資手法なわけです。


バイナリーオプションのように、予測を外してしまうと

資産を没収されるという危険性もないですし、

ましてやツールに任せっぱなしにして

知識が身に付かないといった心配も無用です。


なにより、その海外サイトへ入金後は、

銀行へ預金するように何もすることなく

預金しておくだけでみるみる資産が増えていくという、

まるで魔法にでもかかったようなノウハウなんですね。


ツールにエラーが出て、どうしようもない事態に

陥ることもなければ、ツール使用料をあとから追加金で

追徴されることもないので、安心して実践できるノウハウになっています。


そのほかにも、優れた点はまだあるのですが、


まぁ、なんでしょうか・・・。


ここで井戸端会議の立ち話のようにばたばたと説明するよりも、

当ブログの特集記事ではより詳しい「グロウス」を発信していますので

ぜひ一度、そちらをお読みいただくことをおススメいたします。


その驚きの資産増加のノウハウに、びっくりしますよ!

その全貌を知ってしまうと、もう帰ってこれないかもしれません。


 ⇒ こちらから「グロウス」の、驚愕のお金の運用術をどうぞご確認ください!





また、当ブログの栗原が運営するLINE@で、

栗原と友だちになりませんか?


ブログでは公開出来ない情報も、

LINE@に特化した情報も、

どんどん発信していこうと思っています。


あなたがもし、ネットビジネスに興味があって、

いろんな情報を仕入れたいなら、この栗原LINE@は

オススメするものがあります。


とくに現在では、当ブログ「炎のいちおし商材」である、

「グロウス」に関する、裏のディープな情報を網羅しています。



興味があればこちらから登録お願い致します。


友だち追加


当ブログでは、愛読者の方を募集しています。

◆よろしければ、おきに入り登録をお願い致しますっ!◆



































スポンサーリンク