こんにちは
栗原 京介です。

ここ最近、世間がざわざわしている
案件の紹介です。


泉忠司 「6000兆円プロジェクト」





◎ 特定商取引法に基づく記述 ◎

販売業者 : NOAH GLOBAL INNOVATION SERVICES INC.
代表責任者名 : Marlo S. Padua
所在地 : 10/F NET LIMA BUILDING, 5TH AVE. COR. 26TH ST., BRGY. FORT BONIFACIO, TAGUIG CITY
メールアドレス : info@noah-coin.com





仮想通貨というものとは




仮想通貨とは
法定通貨に対して特定の国家による価値の保証を持たない通貨のこと。

仮想通貨とは、古来からの一般的な通貨とは異なり、
形として存在しない仮想の通貨です。
主にインターネットなどでの使用目的で人気を博し、
仮想通貨自体にはそれぞれの国の管理主体などは存在しませんが、
専門の取引所を利用して、円やドルなどとの価値交換は可能です。



その仮想通貨への投資とは、まさに先見の明。

2009年から運用が開始され、
当時、無名だった
「ビットコイン」の可能性に投資した方々は
結果、とてつもない富を手に入れました。



しかし、そんな仮想通貨にも
常に夢が溢れているわけではなく、

ビットコインの成功によって派生した
「仮想通貨を利用した詐欺」も
これ以降、急激に増化することになります。



たしかに仮想通貨への投資は、
ビットコインの場合がそうだったように、
万が一、ブレイクすればとんでもない金額に
なる可能性を秘めていますので、
新しい仮想通貨の投資案件が飛び込んできたら
疑ってかかるも、その内心は「もしかしたら・・・」という
想像が人間心理を強烈に刺激するため、
ついつい新案件にハマッてしまうのも無理がないことです。

そんな揺れる心理に真っ先につけ込むのが
詐欺と言われる、非道な行為というわけです。

現在では仮想通貨の種類は確認されていないものも
あわせると軽く1000種類以上はあるとされ、
その膨大な種類の中から本物を見極めるのも
非常に困難なこととなります。

また、仮想通貨で稼ぐことは
ギャンブルではなく投資となります。

なんの知識もなく、
儲かるからという理由だけで
参入すれば、ただのギャンブルになってしまいがちです。

投資という観念からすれば、
その時々のタイミングにもよりますが、
利益が出るのに2~3年後といった
長期戦になることも考えられます。

仮想通貨の投資に興味がある方は
そういったことを頭に置き、
仮想通貨についての知識を吸収し、
自分自身のスキルを上げて
ぜひとも挑戦していただきたいものです。


泉忠司氏という人物とノアコインについて



今回の泉忠司氏が提案する
「6000兆円プロジェクト」は、


「ノアコイン」と呼ばれる仮想通貨への
投資を推奨したビジネスです。

泉忠司氏、いわく
「ノアコイン」とは
フィリピン国内の
政財界の有志が中心となり、
国策規模として開発された
仮想通貨となります。

フィリピンの海外送金手数料が相当高いらしく
すでにフィリピンの経済的な社会問題にまで発展してしまい、
この問題を解決するための計画として
ノアコインの開発が始まったようです。


フィリピンから諸外国へ出稼ぎに行っている方が
母国であるフィリピンに送金すると
それに付随する手数料は送金金額の10パーセント以上とも言われ、
フィリピン政府が発表している送金手数料だけでも
3000億円以上にもなっているようです。

そういった人たちの助けになるのが
「ノアコイン」だということです。

ノアコインでは、送金手数料が無料となり、
送金時にかかる諸費用がかからないのです。


この泉忠司氏という方は
数々の超有名大学の教壇に立たれるほどの方ですから、
理論立てた口調で人に伝え、教えるのが
非常にうまく、彼のプレゼンを聞いて
引き寄せられた方も多いと思います。

彼はこのような「フィリピン政府公認の仮想通貨」という
触れ込みでセールスをスタートしたのですが、
彼特有の巧妙かつ説得力のある口調もさることながら
見る者をぐいぐいと彼の思う壺へ引き込んで
いったという、そのセールス手法こそ
彼の得意とする、プロダクトローンチそのものなのです。



しかし、そんな彼の意向とは逆の動きが出てきます。

もともとフィリピン国家が国策として仕掛けたと
謳ってたはずのこの壮大なプロジェクトは
こともあろうにフタを開けてみれば、
フィリピン政府側から寝耳に水の状態で
一切この件には関わっていないと発表したのです。

フィリピン共和国 大使館 通知文書


ノアコイン購入者もさすがにこれには
怒り爆発だったようで、(当たり前ですよ)
ネット上でも大炎上しています。

このような経緯もあり、
泉忠司氏の信頼度はガタ落ちとなり、
悪評の渦の中へ引き込まれる結果となりました。

「泉忠司 ノアコイン」などと
ネット検索していただければ
目を見張るほどの評判の悪さに
気付かれると思います。


ノアコインに関する疑問点



では、泉忠司氏のノアコインで気がついた点、
疑問な点についてお伝えします。

そもそも仮想通貨で利益が出る仕組みは、
購入した時の値段よりも
価値が上がっていないと
意味が無いわけですよね。

したがって
仮想通貨の価値が上がるためには
多くの人にノアコインが欲しい!といった
状況にさせなければこの仮想通貨は永遠に
価値が上がらないということです。

しかし
フィリピン政府からの
「プロジェクトには関与していない」と
発表されたにも関わらず、
泉氏は
仮想通貨を購入すれば誰でも稼げるという、
根拠のないセールスをかけ続けます。

確かに彼の言うとおり、
ノアコインの需要が高まれば
価値が上昇し、そこから利益が出るのも
理解はできるのですが、
彼への不信感が大多数の人の心に芽生えた以上は
彼の言葉を信頼することは無理難題でしょう。


ノアコインは、
正式に市場公開されるのが2018年6月予定。
フィリピン独立記念日に予定されてるとのことですが
あくまで予定ですので前後する可能性はあります。

したがって現在はプレセール中ということで
現金との交換は規約上できないそうです。

ということは、
ノアコインに不安を感じて払い戻しをしたいという場合。
または、身の回りで緊急に現金が必要になったという場合。
そのほかいろんな理由があったとしても
公開日まで等価交換ができないということです。


いわば、これもリスクの理由のひとつでもあり、

仮に一般公開したとしても
価値が無く購入する人がいない可能性もあります。

こうなれば仮想通貨などはゴミ同然の
無価値なものとなります。

今回のノアコインだけに限らない問題ですので
今後また新たな仮想通貨の案件が浮上してきたとしても
冷静に判断するようお勧めいたします。

仮想通貨といえば、誰もがビットコインの大成功を
ダブらせて考えてしまいがちですが、
新たな仮想通貨とビットコインは
まったくの別物なんだという認識も
大事にしたいところです。


まとめ





以上をもちまして、

今回の案件
泉忠司 「6000兆円プロジェクト」 は

「 危険な案件!かなりリスクが高し! 鵜呑みにしないように 」
と評価いたします。


当ブログでは
稼げない商材や、収益根拠もない 詐欺的疑いのある案件などを
初心者の方にも理解しやすく説明し、少しでもみなさまのお役に立てればと思います。


栗原の無料LINE@講座では、
私、栗原が実践しているアフィリエイトの具体的な方法や、
考え方など、あなたが必要とすべき情報を随時紹介しています。
また、このブログでは公開しきれない情報や、
有益な情報をどんどん配信しています。
興味があればこちらから登録お願い致します。


友だち追加


また、ご質問やご相談があれば
ご遠慮なくお気軽にお尋ねください。


併せて、愛読者の方を募集しています。
◆よろしければ、おきに入り登録をお願い致します!◆












スポンサーリンク