こんにちは

栗原京介です。



いやー、奇跡ってほんとにあるんですかね。



ネットビジネス界では有名な渡辺雅典氏(通称パンダ)が、

1年前に癌宣告されて余命わずかと診断されたはずなんですが、

現在では癌細胞も見る影もないほどにまで快復されたようです。




1年前は、無料オファーで莫大な遺産を分配するといい、

同情票を集めるがごとく、参加者を高額塾へと誘導していたのですが、

今回はなんと「癌が快復した」とアピールし、新たに無料オファーを公開しました。



ちなみに、この無料オファーも前回同様、病気をネタにした傾向がみられます。



まぁ、なんていうのでしょうか・・・。



病気をネタにするのが悪というわけではないのですが、

なかなか図太い神経の持ち主だなーといった印象は否定できませんね。




そんな無料オファーがこちらです。



渡辺雅典氏 「MDITカレッジ」





http://www.cryptosoundness.com/project/



◎ 特定商取引法に関する表示 ◎

販売会社 株式会社マイコンサルティング
運営責任者 渡辺 雅典
所在地 埼玉県さいたま市中央区上落合2-8-11-302



渡辺雅典氏ふたたび  「MDITカレッジ」とは!




日本復活・助け合いの仮想通貨健全化運動を初めて始動!

「継続力」「集団力」「爆発力」

3つのトライアングルパワーで個人が大企業並みに稼ぐ

インターネット最強集団を育成する




セールスレター冒頭ではこのようなキャッツコピーを謳う無料オファー。


ビジネスモデルは明かされていません。



ネットビジネス業界に永きに渡り君臨する渡辺雅典氏ですから、

セールスレターに掲載されている推薦人というのは皆、

この業界の有名人ばかりで、渡辺氏と親交が深い連中ばかりといった印象です。








あえて、これらの人物の名前を挙げてみると、


クリス岡崎氏

坂本まり氏

坂本よしたか氏

小野里肇氏

松宮義仁氏

泉忠司氏

佐藤みきひろ氏

阿部ダイジロウ氏




といった、そうそうたる顔ぶれではありますが、

だからといってこの無料オファーが健全なものかというとそれはまったく別の話です。



そもそもこのメンバーは、一致団結してるのか、

お互いの無料オファーにも、このメンバーたちが登場し、

推薦し合っているという茶番劇を繰り広げています。



まぁ、「仲良しグループ」の連携プレイみたいなもんですね。



仲のいい人が集まって、団結してぺろぺろし合い、

初心者さんと呼ばれる方々をこっちへおいでと誘い込むのです




ちなみに、先ほど述べた、メンバーの名前をクリックしてみてください。↑

どちらさまも、いい評判がされていないことがわかると思います。



また、こちらのみなさん、それぞれ口が達者な方ばかりですので、

くれぐれも気をつけてくださいね。




余命わずかの渡辺氏の健康状態について




さて、渡辺雅典氏。

昨年、余命5年という肺がん患者であることを発表。

のちにそれをネタにし、「10億円の資産を分配する」と謳った

「Dreamersプロジェクト」という無料オファーを発足しました。






⇒ 渡辺政典氏×蝶乃舞氏「Dreamersプロジェクト」


⇒ 渡辺雅典氏と蝶乃舞氏 「ダイアモンド・ミリオネア・クラブ」



上記の無料オファーは、約1年前に渡辺氏と蝶乃舞氏がタッグを組み、

彼自身の病気を取り上げ、「死」を意識させるような構成で作られた無料オファーです。



その参加費用は、

高額塾の参加で30万円、

さらにバックエンドで合計600万円もの大金が請求されるという恐ろしい内容だったんですね。






ところが状況は一変し、

ステージ4で余命宣告を受けたはずの渡辺氏は、

「MDIT」というコミュニティで、癌治療の情報を知り、

そのとおりに治療を進めると、癌細胞がなくなったというのです。



もしこの治療法が紛れもない真実であれば、

参加するかしないかは、別として、評価する価値は往々にしてあると思います。



なんていっても、治療不可であった癌細胞が除去されたんですからね。


ま、信憑性があればの話ですけど(笑)















渡辺氏の行動はヒトとして違和感を感じずにはいられない




今回の「MDITカレッジ」の無料動画では、ビジネスの核心には触れず、

彼の病気の件と、仮想通貨の在り方なんかを語っているのですが、

最終的に、稼げる仮想通貨案件を紹介して稼ぐ内容のアフィリエイトなのかなと、そんな気がします。

(あくまで予想ですが)



実際、彼は過去にもアフィリエイトの高額塾を開催していますので、

かなりの確率でその線が濃厚だと思われます。








今回の無料オファー、

中でも、今回私が一番気になったのが、

やはりMDITコミュニティのおかげで病気が快復したということに尽きます。




これは人類が長年苦しみ続けた難病をついに克服できるかもしれない!

といえるくらいの出来事ですし、医療の革命だといっても過言ではないんですからね。




彼は、余命わずかな病気からの奇跡の快復劇によって、

「応援してくれた仲間に恩返しをしたい」と語っており、

「仲間を稼がせる」=「恩返し」だとして、

この「MDITカレッジ」を発足し、公開したと語っています。








でも、これってどうなんでしょうか・・・。




そもそも不治の病から奇跡的な治療法によって快復したのであれば、


まず彼が成すべきことは、

その治療方法をもっと世の中に広めることこそが彼の使命なんじゃないんかなと思うんですよね。




さらに、この治療法には「年間3000万円かかる」そうですから、

それを一般の方たちにも、治療が受けられるように奔走することこそ、

奇跡的に快復できた人間のすべき行為だと思うんですよね。







まぁ、もちろん、そんなことは私にいわれるまでもなく、

渡辺雅典氏ほどの人物であれば、そこはちゃんと考えておられるでしょうし、

まもなく、その治療法が世の中に公開されることを期待していてもいいと思います。









ただ毎回、病気をネタにして、それをビジネスに絡めようとするところは、

この人の「ヒトとして致命的な欠点」を疑ってもいいと思います。











病気をネタにすれば、ビジネス内容を1から10まで説明することもなく、

同情という揺るぎのない票も獲得できます。



同時に初心者さんは心を動かされることになり、財布の紐も緩みやすくなるといった寸法です。




だからといって、

病気のことをわざわざネタにしなきゃいいのにって思いますし、

病気をネタにすることで、自らの価値を下げてるってことに気付いてほしいものです。




だから渡辺氏が信用できないということではないのですが、

金もうけ主義すぎるところに、いささか人間性を疑ってしまいます。




病気はしょうがないものですが、それをネタにすることは正直気分がいいものとはいえませんよね。



また、実際に病気を患っている方が、「藁をもつかむ思いで」参加を急ぐ場合も考えられます。



視界を狭めることのないよう、いろんな情報を収集し、冷静になるように努めてください。




まぁ、

今までの渡辺氏のビジネスノウハウは、かなりリスクが高いものが多いので、

今回の無料オファーも例外ではないのはおおかた予想できます。



おそらく参加しても、

参加費用が莫大なものになるでしょうし、

実際に稼げるようになるまではかなりの時間を有することとなるでしょう。



そもそもネットビジネスは、資金を必要としないことが最大のメリットです。



今のところ、このメリットを最大限に活かしてやろうとすれば、

こちらのビジネス以外はかんがえられませんので、

一度みてみてください。



⇒ 磯島忠司氏 「キャッシュクリエイションクラブ」


ちなみに、

この「キャッシュクリエイションクラブ」をご存知でない方のために

簡単に説明させていただきます。



絶対的な超モンスター市場を背景に、

国内サービスと海外サービスをブレンドさせた

完全オリジナルのビジネスノウハウですので、

参入者がかなり少ないというのが魅力となっています。



さらに、やることは初心者さんでも簡単に操作できる程度の作業ですので、

たったそれだけですごい報酬を手にすることができるんです。


詳しい内容は下記リンクをクリックしていただくと、

キャッシュクリエイションクラブの特設ページに移動できます。



「なんか興味あるー」という方はぜひご確認ください。



⇒ 完全オリジナルビジネスでネットビジネスに参入してみる


では、今回はこのあたりで。


最後までお付き合いいただきありがとうございました。



ネットビジネスで稼ぐための無料LINE配信



当ブログでは「栗原の無料LINE@講座」を開催しています。



ネットビジネスに関する情報を手に入れたいという方は、

ぜひ登録してみてください。



ブログで公開できないような、極秘情報もどんどん配信していますので、

興味ある方はぜひ、下記画像をクリックしてみてください。







スポンサーリンク