こんにちは
栗原 京介です。

さて
今回ご紹介する無料オファーはこちらになります。


河村泰好氏 「ドリームプロジェクト」





LP-1
http://dreampro.jp.net/lp/1dream/

LP-2
http://dreampro.jp.net/lp/2world/

LP-3
http://dreampro.jp.net/lp/3line/

LP-4
http://dreampro.jp.net/lp/4tousen/


動画はこちら





◎ 特定商取引法に基づく表記 ◎

なし






「ドリームプロジェクト」を検証



教え子400名全員に”月収100万円”の利益を確定させた
日本人がまだ誰も知らない最先端統計学で参加者全員に
利益を分配する歴史的ドリームプロジェクト
東証一部上場資産700億円規模の大企業社長の顧問でもあり、
累計売上100万部ベストセラー作家も輩出した
お金のエキスパート ファイナンシャルプランニング技能士
川村泰好が、参加者全員に5000億円の富を分配する
人類の歴史を覆すドリームプロジェクトが遂に始動!!



と、いうコピーで始まる今回の無料オファー。

大企業の社長「・・の顧問 」かい!
100万部のベストセラー作家 「・・を輩出 」かい!
と、吉本新喜劇並みにコケて、
ツッコみどころがあるキャッチコピーですが、

では、見てまいりましょう。


この無料オファーを推奨する「川村泰好氏」という人物。


■ 日本FP協会認定アフィリエイテッドファイナンシャルプランナー
■ 2級ファイナンシャルプランニング技能士
■ リスクマネジメントCRM
■ コミュニケーションカウンセラー
■ セラピスト「マインドブロックバスターインストラクター」
■ カラーリスト

などと、いった数々の肩書きを多数持っているようです。

よくわからない初めて聞いたような資格もありますが、
とりあえずこういったものを取得されているようですね。

また、損害保険会社に勤務されていた
金融の世界のプロフェッショナルという紹介もあります。


さらに多数のメディアにも出演されているようで、
動画の中ではマジックも披露するという
多方面でいろいろな特技をお持ちのようです。

セールスレターのコピーによると、
400人もの教え子さん全員に
月収100万円を確定された実績があるようですから
金融のプロがどのようなノウハウで
展開されてきたのか気になるところでもあります。


尚、今回の「ドリームプロジェクト」、

ビジネスモデルは明らかにはされていません。


ですが、川村泰好氏の経歴などを基に考えてみると、
投資というビジネスであることには
間違いなさそうです。



投資というビジネスを前提として、
セールスレターや動画を検証しますと、
以下のようなことに気がつきました。




動画第1話の終盤、
次回予告の場面が映り出され、
ホワイトボードに書かれた内容を確認しますと、

「株式」「投資信託」「不動産」「民泊」
「FX」「バイナリー」「音楽や本」


といったビジネスを否定したような形跡があり、

また、

「1960年にイギリス政府から公認」
「市場規模20兆円」
「晴れか雨か」
「ギャンブルではない理由」
「日本の公営ギャンブルの場合、競馬、競艇、競輪は75%」
「アービトラージとは違う」


・・・・・などなど。
と書かれているのが確認できます。


これが意味するビジネスモデルといえば

「ブックメーカー」以外、考えられませんね。



ブックメーカー(bookmaker)とは
英国が発祥の賭けの胴元の名称であり、
現在では世界中に存在しています。

日本では違法となるため、
国内においてブックメーカーは認められていません。

ただし、インターネットを介して
海外のブックメーカーを利用することは
現在の状況では可能ではありますが、
法整備が進むとこれさえも違法となる可能性もあります。

また、ブックメーカーの面白い点は、
賭けの対象はスポーツだけではなく、
政治や天気予報、為替相場など、
ジャンルを問わず多種多様の事象を賭けの対象にしているのも人気の秘密です。





また、この「ブックメーカー」を
投資として捉えるのか?
はたまた
ギャンブルと捉えるのか?

と、意見は様々ですが、

私、個人的な意見で言わせてもらうと、
ギャンブルであると思っています(笑)





ですが、川村泰好氏は動画の中では
「私 ギャンブルなんて大っ嫌いなんですよ」と、
字幕スーパーが「ひげ文字フォント」になるほど、
豪語しておられますので、

彼が展開しているブックメーカーは
基本的に投資ビジネスだということになります(笑)


「ドリームプロジェクト」に感じる疑問点



ところで、
ファイナンシャルプランナーである
川村泰好氏には、ブックメーカーに関して
ギャンブル性の強い投資のスキルは
備わっておられるのでしょうか。


経歴を確認しても
ブックメーカーの要素を含んだ資格は見当たらないので
少し疑わしい点も考えられますね。


どうも川村泰好氏はキャラクターとして起用されて
今回の仕掛け役というカタチで登場したのではないかと
疑問の目で見てしまいます。


あくまで私の推測ですが、

動画でも彼はいろんな資格を持って旺盛に
やっておられることを前面に推しだしてましたが、
どうもブックメーカーには精通していないような
雰囲気を醸し出してましたよ。



また、動画の中でも、彼は自分の経歴を
これでもかというほどの勢いでアピールし、
「私はすごいだろという自慢」感が激しく、
逆に怪しさが倍増してしまったのではないでしょうか。



おそらく最近よくあるブックメーカーを使った
ノウハウと原理は同じようなものと考えられるので、


当方でこのビジネス内容を推測してみますと、


この案件のこれからの動きとして、

川村泰好氏が長年培ってきた
金融のプロ感覚のノウハウを基に
彼が開発したとされる専用ツールがおそらくあるのでしょう。

参加者には、1日のうちに10回ほどLINEで情報を
自動送信されるようになっていて、
受信したらあとはタップするだけと彼は説明しています。

LINE@で川村泰好氏を登録をすれば、
LINEを介して専用自動ツールから
お知らせ信号が受信出来るようになるわけです。

あとはその指示に従って、ブックメーカーにBETするだけ

という流れでしょう。




川村泰好氏は
このツールを使った勝率は99.8%と
動画でも豪語していますが、

それに関して、特に裏付ける証拠もなく、

彼の言葉だけでこの数字を信用してしまうのは
リスクが高く危険です。






また今回の無料オファーでは

4種類ものセールスページを用意するほどの
周到さをみせ、「検索のがれ」にも
万全を期して臨んでいることがわかります。


これはどういうことかと言いますと

せっかく作ったノウハウ商材が

1種類のセールスレターだけで
販売展開してしまうと、
それがネットで悪評で叩かれた時には
誰もその商材を買ってくれない
といった恐れがありますから

ノウハウの内容は同じでも、

あえて、タイトルも文言も変え、
異なるキーワードを選定し、
まったく違う案件として、
何種類ものセールスレターを製作しておくのです。

こうして、まったく異なる案件と見せかけておいて
集客したら、最終的にはすべてが同じところへ飛ばされてしまう
といった、仕組みになっているのです。




まとめ



改めて、
何種類ものセールスレターを見直しましても、
「無料」「無料」「完全無料」などと
無料のオンパレードのように記載されてますが、

最終的に無料ということはまず
あり得ません。

しかし、それは、ノウハウの中身が納得出来るものであり、
価格も良心的かつ妥当な値段ならよいのですが、

このような商材には、お決まりの
高額バックエンドというものが
必ず後ろに控えています。

おそらく20万円~30万円あたりの
金額がつくと思われ、
支払った後、思ったものではなかった、
指示通りに実践しても稼げないなどと
芳しくない内容のものがほとんどです。

一見、これは楽に稼げそう
なんの努力もなしで稼げそうなどといった
甘い言葉で誘導されると後々に
激しい後悔の念に苛まれることにもなりかねません。



楽に稼げるビジネスなど
インターネットの世界にも
存在しません。

どうぞ、冷静な気持ちで
ビジネスを吟味していただくことを
推奨いたします。


では、
今回はこのへんで。


今回も最後までお付き合い
ありがとうございました。




今回の案件
河村泰好氏 「ドリームプロジェクト」は

「 怪しい匂いがします。おすすめしません! 」
と評価いたします。





ご意見、ご質問などございましたら
お気軽にメッセージをお願い致します。


栗原の無料LINE@講座では、
私、栗原が実践しているアフィリエイトの具体的な方法や、
考え方など、あなたが必要とすべき情報を随時紹介しています。
また、このブログでは公開しきれない情報や、
有益な情報をどんどん配信しています。
興味があればこちらから登録お願い致します。


友だち追加



また、当ブログでは
稼げない商材や、収益根拠もない 詐欺的疑いのある案件などを
初心者の方にも理解しやすく説明し、少しでもみなさまのお役に立てればと思います。




併せて、愛読者の方を募集しています。
◆よろしければ、おきに入り登録をお願い致します◆











スポンサーリンク