こんにちは
栗原 京介です。


今回取り上げる案件は
転売ビジネスとなります。

一般的に、ネットビジネスにおいて
敷居が低く、すぐに結果が出やすいのは
この転売ビジネスといったジャンルになります。

ビジネスの本質としても
シンプルで解りやすいといったところに
人気が集中しているのもうなづけます。

では、早速レビューしていきます

やまかわわたる氏 「ノーリスク無在庫販売」





http://yama.fmclub.asia/3rd/school.html



◎ 特定商取引法に基づく表記 ◎

主催社名 : ESHI INTERNATIONAL, PTE.LTD
運営責任者 : 船原徹雄
所在地 : 101 Cecil St #08-02 Tong Eng Building Singapore
お問合せ: info@fmclub.asia


冒頭でも触れましたが
今回の案件は
「転売ビジネス」となります。

「ノーリスク無在庫販売」

気になるのは
この「ノーリスク」といった部分。

当方では無在庫転売は基本的に
リスキーな方法だと考えるのですが
いかがなものでしょう。



やまかわ氏が提唱する
この無在庫転売の方法とは
簡単に説明しますと、

在庫が無い状態で
商品を売るといった手法であり、
まだ商品そのものが無いうちから
先にアマゾンで売ってしまうのです。

で、その後にヤフオクで商品を仕入れる。

といった流れになります。


但し、問題はいろいろ考えられます。


お客様が商品を購入されてから
ヤフオクでその商品を、落札~商品到着~検品~梱包~発送という
順を追うことになりますので、
基本的に時間がかかります。
少なくとも3日~5日はかかるでしょう。
なにかトラブルがあればそれこそ
何ヶ月も掛かる場合も想定されます。

特にアマゾンでお買い物するお客様は
基本的に素早い発送を期待されている事も考えられ、
このような事態になると、
クレーム対象になり得る可能性もあり、
場合によっては、キャンセルされるといった
処置をとられる事もあります。

しかも無在庫転売といった方法ですので
基本的に「フルフィルメント by Amazon (FBA)サービス」
利用出来ないといったこともあり、
お客様からの信用問題など
何かしら不都合が出てくることも考えられます。


また、それ以外の問題点として、

ヤフオクでお目当ての商品が
落札出来なかったという
最悪の状況も考えられますね。
ヤフオクとはオークション形式ですので、
ちょっとしたタイミングの差で
金額が上がってしまったり、
他の競合者に落札されてしまったりといった事も
充分にあり得る話です。


さて、これがやまかわ氏が提唱する
ノーリスク無在庫販売」なのでしょうか。


実際、こういった無在庫での転売方法の無料オファーは
やまかわ氏以外からもいろいろ出ていますが、
その多くは手法も類似しています。
しかも謳い文句も口を揃えた様にそのどれもが
「ノーリスク」とアピールしています。


今回の案件にも
LP内で記載がありますが、
やまかわ氏独自の専用ツールに完全に任せたノウハウとなり、
「リサーチ」「出品」「仕入れ」「発送」といった
一連の作業内容を効率よく
すべてツールがやってくれるというもの。


そういった事も踏まえて考えると、
「飽和」という問題も浮上してきますよね。

つまり、
多数の無在庫転売業者が
ひしめき合っている中で、
商品がバッティングしてしまうなんて事は容易に考えられます。

まったく異なる業者同士ならまだしも、
やまかわ氏の販売するツールによって
同じツールを使っている者同士が同じ商品で
バッティングしてしまうという事も充分想定出来ます。



またツールを使用するにあたり、
問題点を挙げるとすれば、
「ツールの使用期間」の問題があります。

ある程度の期間までは使用可能であったものが
ある時いきなり使用料を求められる場合があるのです。
この使用料の支払いが滞ると
最悪、ツールが使えなくなるなどの処置をとられ
最終的には、稼ぐ事が出来ないなどという事もあります。

またツールを使って稼ぐといった流れに最初から
慣れてしまうと、先述のような事態になった時には
たちまち収入がストップしてしまい、
生活に支障をきたす事もありますので、
最初からツール依存になる事は避け、
自らの転売ビジネスにおける知識獲得やスキル向上を
当方としては強く推奨します。


もうひとつ、ツールによる転売の問題を挙げるならば、
それは「商品の状態」です。

いくらヤフオクの商品説明で
状態の良さの説明があったとしても、
それはあくまで主観であり、
見る人によって印象などガラッと変わるものです。

中古品といえども、実際に商品購入者の手に渡った時に
「思ったモノと違う」などと
クレームが来ることもあり得ますので
商品の状態というものには常にシビアになる必要性がありますね。


と、いった経緯を総合しましても
このやまかわ氏の「ノーリスク無在庫販売」は
決して「ノーリスク」ではない事がお分かりに
なったと思います。

逆にいいますと、
リスクだらけのデメリットに溢れた
内容だと思いますね。

また、無在庫にする事で余計な資金が
要らないという事なのですが、
今回のやまかわわたる氏の無料オファーには
最終的に「中古品無在庫販売塾」といった
高額塾への促しがあります。




そのお値段、298000円からとなり、
上級コースでは348000円という高額な金額となっています。


無在庫で転売する目的はなんなのでしょうか。
そもそも資金を節約するために
在庫を持たない手法ではなかったのでしょうか。

これでは単に販売者側が高額ノウハウで稼ぎたいだけ
と、思われても仕方ありませんね。

転売ビジネスは冒頭でも触れましたが
本質としては「安く仕入れて高く売る」といった
非常にシンプルで解りやすいビジネスです。
なので、これほどの高額金を支払ってまで
実践する必要はないと考えます。


ネット上でももっと安価で実用性のある
転売ノウハウが公開されていますので
そちらを参考にされたほうがいいでしょう。


以上をもちまして、

今回の案件である

やまかわわたる氏 「ノーリスク無在庫販売」 は

「 リスクだらけの高額塾 オススメしません 」
と評価いたします。


栗原の無料LINE@講座では、
私、栗原が実践しているアフィリエイトの具体的な方法や、
考え方など、あなたが必要とすべき情報を随時紹介しています。
また、このブログでは公開しきれない情報や、
有益な情報をどんどん配信しています。
興味があればこちらから登録お願い致します。


友だち追加



当ブログでは、愛読者の方を募集しています。

◆よろしければ、おきに入り登録をお願い致しますっ!◆







スポンサーリンク