こんにちは

栗原 京介です。



昨今、ますます便利になるネット宅配便。


出かけなくても商品が買えるんですから、

その利便性が理解できたなら、こんなに便利なものはないですよね。


近い将来はドローンを使って空からの宅配が出来るそうですので、

昔、頭の中で、思い描いていた「近未来の生活」というものがぼちぼち

近づいて来ているのなっていう雰囲気さえ感じるこの頃です。


私の友人は個人事業として宅配業を営んでおり、

Amazonの配送料の単価というものは、

一般的な配送料金よりも、

低く設定されているそうです。


なので、収入的にも体力的にもしんどいと愚痴りながらも、

Amazonの物量の多さはやはり魅力があるらしく、

「正直複雑なんだよね」と、

先日、皆が集まった酒の席で語ってました。


また、近い将来にドローンが配達するようになれば

それこそ配達という業務が、どんどん縮小されていくでしょうし、

今からなにか策を練る必要があるのではないか?と、いうことで、

その日は、その話題を肴にして、盛り上がりました。







今回紹介させていただく無料オファーは、

そんなAmazonを利用して稼ぐビジネスノウハウになります。


それがこちら


船田ひろし氏 「船田式ゴールドオーシャンビジネス」





http://amazon-pt-seller.com/letter/ps/



船田ひろし氏 「船田ゴールドオーシャンプロジェクト」とは!?





この無料オファー、ビジネスモデルは「転売」となります。



北米のAmazonを使って、年商3億円を稼ごうと、

セールスレターでは、大きくアピールしていますが、

あくまで、3億円を稼ごうということであり、儲かるということではありません。


そもそも、転売での利益率は平均的に20%前後となりますので、

年間に3億円の売り上げだった場合、利益は6000万円ほどになります。



いずれにせよ、初心者さんがこの「3億円」という数字だけをみれば、


「はぅっ!さ、さ、3億円!?」
 と、成りかねませんので、

こういった場合、「3億円」という数字だけで判断しないようにしてください。


ちなみに、初心者さんがいきなり年商で3億円稼げるほど、

転売のビジネスは甘くありません。



それについては、後で述べさせていただきますが、

一概に転売そのものを甘く見ると、後々とんでもないことに

なりますので、注意してください。




ま、そんなわけでこの案件は、

「Amazonを利用して年間に3億円を稼ぐことができますよ」というノウハウを

伝授してもらえるセミナーが開催されるようです。



それも全国5大主要都市で開催されるようですので、

もし興味がある方は、無料ですから足を運んでみるのもいいかと思います。


そんなセミナーのスケジュールは以下の通りです。





セミナーでは、仕掛け人である船田ひろし氏が壇上に立ち、

転売ビジネスについて、熱く語られると思います。



ま、当然の流れとして、


無料セミナーでは「年商3億円の転売手法」の触り部分だけを熱く伝え、

セミナー参加者の好奇心を煽りつつ、気分を高揚させた後に、

高額塾への売り込みへと流れていくことでしょう。


もちろん高額塾といえど、稼げる内容であれば問題はないと思います。



ここでは高額塾がバックエンド商品として、用意されているかどうかというよりも、

「それが果たして本当に稼げるのか」ということをまず、考えてみるようにしてください。








Amazon転売ビジネスで考えられるメリット・デメリットについて




一概に「転売」と申しましても、その手法によって多種多様です。



今回の無料オファーでは、

Amazonを使って海外へ転売をしていくという手法になりますので、

それに付随する、メリットデメリットについて述べさせていただきます。



まず、Amazon転売のメリットは


・圧倒的に豊富な品数

・FBAというAmazon独自のシステムを使える

・ネームバリューによる集客性及び安心性

・無在庫で転売することができる



といった感じでしょうか。



ここで、独自のサービスといえば、

AmazonのFBAといわれるシステムで、

このサービスを利用すると、

楽にAmazon商品を販売することができます。




FBAとは、

在庫管理、注文、梱包、発送まで、

Amazonが代行してくれるサービスです。







転売ビジネスのデメリットと呼ばれる「面倒な作業工程」が

全てお任せで、完了できるわけですから、

転売業者にしてみれば、これは非常に便利なサービスというわけです。




ちなみに、転売ビジネスといえば、

商品リサーチ

仕入れ

出品

梱包

発送




また、売れ残った商品は、

在庫として置き場所を確保する必要があります。


このような作業工程を基本的に、

自分ひとりで行うものとなります。


いかがでしょうか。


この一連の作業工程を毎日毎日、

繰り返し行うことが

いつの間にかストレスとなり、

最悪な場合、倒れてしまう恐れもあります。





つまり、こういった背景を知れば、

AmazonのFBAを利用することにより、

どれだけ作業ストレスが軽減されるかが

おわかりになられると思います。



とはいえ、


もちろん、このようなメリットばかりではありません。

メリットがあれば、その逆も存在します。





Amazon転売でのデメリットを挙げてみますと、


● 競合が多すぎて、飽和の危機がある。

● 即金商売ではない

● FBAを利用すれば15%の手数料がかかる



と、いったものが思いつきます。



先ほどはFBAサービスを利用することで、

体力的・精神的な面において、

負担が軽減されることを説明しましたが、

そのためには金銭的な負担がかるということをおぼえておいてください。


このサービスを利用した場合、ひとつの商品につき15%の手数料が必要になります。


となると、

平均的な利益率の20%から、さらにその15%を差し引くと

5%の利益しか残らない計算になるのです。


つまり、1万円の商品が売れた場合で考えれば、

あなたの利益は、たった500円ということになるんですね。



1万円の商品を仕入れて、出品して、売れたとしても、

500円ほどの利益しかならないのなら、それはあまりにも悲しすぎませんか?







また、Amazon転売となりますと、競合が非常に多いため、

元金を割るほどの低価格で、提供せざるを得なくなり、

結果的に、競合相手同士の潰し合いに発展する可能性が考えられます。


こうした背景を加味しても、転売、とりわけAmazon転売も、

決して簡単に稼げるとはいえない状況に為り得るわけです。






「船田ゴールドオーシャンプロジェクト」に参加するべきか?




当ブログとしましては、「船田ゴールドオーシャンプロジェクト」には

参加するほどではないかなというのが正直なところです。




AmazonのFBAサービスを利用したところで、

たった5%の利益しかありませんし、

ましてや、その5%の利益をとるために、

商品リサーチ

仕入れ

出品

といった作業工程をコツコツと、毎日こなすのも

ビジネスとして捉えた場合、得策ではないなと思います。



転売で一攫千金を狙うのであれば、

当ブログでお伝えさせていただいている、

「MCエンジン」を実践したほうが、

効率よく稼ぐことが出来ますね。



この「MCエンジン」は、月々にかかるコストも500円~と、

圧倒的にお安い価格で実践できますし、

収益率も、転売と比べたら

その何十倍もの利益を叩き出すことも出来ます。



完全在宅で、簡単な入力作業をするだけですから、

PCに慣れていない方でも、すぐに実践出来ます。


しかも「MCエンジン」は、そのビジネスモデルゆえ、

永続的に、且つ、大きく稼ぐパワーを秘めているんです。







ここで、井戸端会議のようにぺらぺら話すよりかは、

とにかく詳しい内容を読んでいただくほうが

話も早いと思いますので、


「MCエンジン」の収益性のエグさについて、

「興味が出てきた」、「もっと知りたい!」という方は、

下記リンク先にて詳しい記事を、ゆっくりお読みいただければと思います。


⇒「MCエンジン」について詳しく知りたい方はこちらへどうぞ



当ブログでは、ブログ以外にLINE@でも、

ネットビジネスに関する新しい情報や、お得情報なんかを

随時、発信させていただいています。


こちらのLINE@では、ブログで公開するよりも先に、LINE@のお友だちを優先して、

お得なキャンペーンなんかもお知らせさせていただいていますので、

この機会に、下記「友だち追加」ボタンからLINEお友だちに登録していってください。


友だち追加



では、今回はこのあたりで。

ここまで、お読みいただきありがとうございました。




























スポンサーリンク